カウントダウン

以前より椎間板ヘルニアを患っていたが、先日仕事中に腰に負担がかかる事が多かった。

 

数日、我慢をしていたが、あまりの痛さに整形外科を受診し「脊柱管狭窄症」と診断された。

 

痛み止め等を服薬と塗布し、1か月後に受診の際に状態が変わらなければ、手術をするとDr.から宣告された。

 

今はあまり腰に負担がかからない様にしているが、足の痺れが酷く歩くのもままならない。

自分の仕事を人にやらせるな!

お題「どうしても言いたい!」

 

昨年、転職し今の職場は障がい者に理解がある。

 

しかし、一点だけ問題がある。

シュレッダーは業務の一つである。

それを他の課に押し付けるのは如何なものか?

電話の言葉遣いも最低。

名前を名乗れ!

自分のミスの処理を他の人にさせるのも有り得ない。

FANKSが新人だからって舐めるな!

 

激動の時代

今週のお題「平成を振り返る」

 

平成元年はまだ学生。

 

社会人一年目で自律神経失調症

 

転職は9回。

色々な職種を経験した。

 

ハラスメントを受けた事も沢山。

 

令和になってから復職予定だった。

しかし先日の上司から電話で情緒不安定。

 

今の上司は言う事がコロコロ変わる。

 

令和はどの様な時代になるのだろうか?

 

勉強不足(怒)

お題「どうしても言いたい!」

 

上司からの電話。

 

GWから出勤できないの?と言われ、

主治医がGW中に不調になったら診察できない為、就労許可が降りないと伝えた。

 

上司は病院はGW中の緊急体制を取っていないのかと罵る。

FANKSは患者であり、病院運営者ではない。

そんな事を言われても、どうにもできない。

 

体調が悪い訳では無いから出勤しろと言う。

情緒不安定で仕事はできない。

体調と精神が必ずしも一致している訳では無い。

現状に目を向けろ!

お題「どうしても言いたい!」

 

FANKSの会社の人事部や周りの関係者。

 

FANKSが長期欠勤している理由は明らかになっている。

 

今の部署にいる事。

 

体育会系と言うが明らかにハラスメントだ。

 

同行診察をしたいと2回言っているが、動いていない。

主治医が同行診察はFANKSの為にならないと言っている。

 

4月に異動があったが、FANKSの部署は少しだけ変わったらしい。

 

まだ復帰の目処が立たない。